伝統工芸切子を
たくさんの方に知っていただきたい

色被せガラスと呼ばれる表面に着色ガラスの層を付けた生地を使用し、
そのガラスに色々なカットを施すことにより、外側のガラスが削られ、
きれいな模様が浮かびあがります。
薩摩切子の復刻にたずさわった職人さんのもと、
ガラス発祥の地と言われる大阪で学び、多くの方に切子の良さを知っていただきたいと
思っております。
昔からある模様もいかしつつ、新しく日常でも気軽に使いたくなるような物も作っていきたいと思います。

バーナーワークという技法を使って

ガスバーナーを使用し、高温の炎でガラスの棒を溶かしながら
飴細工のように形をつくり、ガラス細工の動物やとんぼ玉を制作しています。
1つ1つ手作りの為、同じデザインでもすべてに違う表情がでる為、全く同じものはありません。
普段は硬いガラスが、熱を加えると水あめのように軟らかくなり、それを形作っていく楽しさもあります。
手にとっていただいたすべての方が笑顔になれるような作品づくりを目指しております。

  1. うさぎ02 うさぎ02
  2. うさぎ01 うさぎ01
  3. 招き猫 招き猫
  4. タヌキ タヌキ
  5. ぐいのみ02 ぐいのみ02
  6. ぐいのみ01 ぐいのみ01
  7. いぬ02 いぬ02
  8. いぬ01 いぬ01
  9. サイ サイ
  10. イモムシくん イモムシくん
  11. キツネさん キツネさん
  12. タンブラー02青 タンブラー02青
  13. パンダ02 パンダ02
  14. 赤ちゃんペンギン 赤ちゃんペンギン
  15. ロック02 ロック02
  16. ロック01 ロック01
MENU

NEWS

  1. あけましておめでとうございます
  2. うみがめ切子 うみがめ切子
  3. かんざし かんざし販売開始
お知らせ一覧

BLOG

  1. 選抜美術展
  2. 市民展
  3. くまさん

バーナーワーク教室 開講予定
体験教室始めます。

PAGE TOP